しつこい営業電話に迷惑!引越し一括見積もりサイトに登録するリスクや迷惑電話の理由・回避方法について徹底解説!

数多の引越しサービスの中から自分の予定にピッタリのものを探すのは非常に大変です。

そのときに役立つサービスとして引越し一括見積もりサイトの存在が知られています。無料で複数社に同時見積もりを依頼できるサービスですので、少しでも安い引越し会社を選ぶために利用したいと思う方も多いことでしょう。

しかし、引越し一括見積もりサービスには危険な側面があり、登録すると大量の迷惑電話に巻き込まれる可能性があります。TwitterなどのSNSで少し検索してみればわかりますが、利用して後悔したという方の口コミは後を絶ちません。 なぜこれほどまでに引越し一括見積もりサイトの評判はよくないのでしょうか。今回は引越し一括見積もりサイトに関する具体的な口コミをみながら、デメリットや個人情報流出の理由、迷惑電話を回避する方法などについて解説させていただきます。

お見積もり・お問い合わせは無料です!

INDEX

引越しの一括見積もりサイトを登録した人の口コミ

Twitterにて調査したところ、引越しの一括見積サイトの登録によって迷惑を被っている方の口コミがとても多く見受けられました。この章ではその投稿をご紹介させていただきます。

「業者からめちゃ電話かかってきて地獄」

Webで見積もりをしただけで、業者から電話がたくさんかかってしまうようです。電話応対の手間が増えると、生活に支障をきたしてしまいかねません。

「登録したら朝の7:30から1時間おきに電話してくる」

早朝から何度も電話がかかってくることに憤りを感じている方がいました。知名度の高い引越センターの見積もりサイトでも慎重に考えてから登録する必要がありそうです。

「迷惑メールがめっちゃ来る」

一括見積もりサイトに登録すると、電話だけでなく迷惑メールまで来るようになってしまうことがあるようです。引越しとは関係がないメールが来ると、気味が悪い思いをしてしまう可能性があります。

「個人情報漏洩だろうな!!」

迷惑電話が来るようになったことから、個人情報の漏えいを疑う方もいました。やみくもに見積もりサイトに登録してはならないことがわかります。

「私の電話番号入れた人いるね」

一括見積サイトに登録した覚えがないのに引越し業者から電話がかかってくる場合もあります。一括見積もりを依頼する際に電話番号をミスして入力する方が原因のようです。

一括見積もりサイトに登録したときのデメリット

一括見積もりは合理的な手段に思えますが、見過ごせないデメリットがあるので注意しなければなりません。この章では引越しの一括見積サイトに登録したときのリスクについて解説していきます。

デメリット1.大量の営業電話や勧誘メールが来る

引越し見積もりサイトは、運営サイトが希望者の条件を複数の引越し業者に連絡してくれるサービスです。

当然、連絡を受けた引越し業者はそれぞれ一斉に見積もり料金を算出して引越し希望者に電話で伝えることになります。業者は一度かぎりの電話をかけているつもりでも、登録者の立場としては毎日複数の業者から大量の営業電話がかかってくることになりかねないのです。

口コミを調べていく中でも引越し業者の見積もりサイトに登録したあとに10社以上から60件以上の営業電話がかかってきたという事例もありました。一件一件の電話に対応していたら、いくら時間があってもきりがないといえるでしょう。

一度そうなってからでは遅いです。慌てて見積もりサイトからキャンセルの申請をしたとしても、すぐに各引越し業者へ電話はかかり続けてしまうので厄介です。

また引越し見積もりサイトに登録すると電話だけでなく勧誘メールまで届きます。これも1日に何十件ものメールが突然くるわけですから、恐怖を感じる方も多いようです。他の大切なメールを見落としてしまう可能性もありますし、これらを削除する手間も馬鹿にはなりません。

デメリット2.個人情報の流出の不安がある

引越しの一括見積もりサイトでは、基本的に名前や電話番号、メールアドレス、現住所、引越し先の住所などの入力が求められます

引越し業者によっては、スタッフの情報管理が甘いケースも珍しくはありません。個人情報が流出してしまえば、引越しとはまったく関係のない迷惑電話やメールすらも届く可能性があります。仮に住所まで知られてしまえば、見ず知らずの第三者が本人に直接コンタクトを取れることになってしまうでしょう。

したがって、利用者の実績やサイト運営の実績などを確かめたうえで、信頼できる一括見積もりサイトを選ぶことが大切です。信頼できるサイトを選ぶために、個人情報取扱に関する記載について必ずチェックしましょう。良質なサイトであれば個人情報の利用目的や内容、保存、第三者への提供に関する事項を事前に公表しています

個人情報の取り扱いに関して少しでも疑問を感じるのであれば、そのサイトを利用をしないほうがいいでしょう。

デメリット3.最終的に訪問見積もりが必要になることが多い

わざわざ営業の電話に対応し引越しの条件について丁寧に説明しても、結局のところ実際に訪問してみないと正確な見積もりが出せないといわれることがあります

訪問見積もりにおいては、引越し業者と日程を調整して訪問日時を決めなければなりません。また訪問後には荷物の量を確認してもらったり、引越しの希望日や引越しで依頼したい作業を伝える必要があります。

したがって、ひとつひとつの引越し業者から訪問見積もりしてもらうのはスケジュール調整の手間がかかるうえに対応の時間もかかります。スムーズに最安値の引越し業者を見つけたい方にとっては、結果として非効率な方法だといえるでしょう。

デメリット4.対応できない業者にも見積もり依頼がいく

サイトに入力した条件に対応できない業者からも見積もりの連絡がくることが多いです。たとえば引越すエリアとは関係のない地域の引越し業者や、特殊な搬入出作業には対応していない引越し業者などがあげられます。

中にはペット可と記載があっても熱帯魚のような水中生物を運べない引越し業者や、解体や組み立てのトラブルを回避するために特定の家具製品を取り扱いをNGとしている引越し業者もあるようです。

引越し依頼に対応してもらえないのに個人情報が伝わってしまうのは望ましい状況とはいえません。個人情報の漏えいに不安を感じる方であれば、一括見積もりサービスへの登録は意味がないうえに精神的な負担になる可能性があります。

デメリット5.引越しと関連するサービスの勧誘を受ける

引越し業者からの営業電話だけではなく、引越しと関連する他のサービス会社から勧誘電話がかかってくる場合も少なくありません

たとえば引越しのタイミングで契約すればウォーターサーバーが安く利用できるという勧誘電話。またインターネット回線や電気の乗り換え、エアコンの取り付け業者、住宅ローンの営業などもいい例です。これらは引越しに合わせてすでに検討していた方でない限り、対応に余計な時間がとられてしまいますよね。一社だけならまだしも、何十社と営業の電話がかかってきて辟易してしまっている方もいらっしゃいます。

なぜ引越し以外のサービスの勧誘電話がかかってくるのでしょうか。こちらは後ほどまた詳しくご説明しますが、一括見積もりサイトを運営している会社の収入源として、そのような関連サービスからのマージンがあります。そのためサイト側としてはなるべく多くの関連サービスに情報を送りたがる傾向があるのです。 サービスの内容によっては引越し後も永遠と勧誘の電話がかかってくることがあり、日常生活でストレスを受けることになるでしょう。引越し以外の勧誘電話を受けたくないという方は直接目当ての引越し業者に見積もりを頼むか、電話番号の入力が不要な一括見積もりサービスの利用を検討した方がいいでしょう

お見積もり・お問い合わせは無料です!

原因は一括見積もりサイトの収益の上げ方にある

引越しの一括見積もりサイトは個人情報の取り扱いについてリスクが高く、かなり評判が悪い傾向にあることがおわかりいただけたと思います。

しかし、なぜこんなにも簡単に個人情報が流出してしまうのでしょうか

ずばり原因は一括見積もりサイトの収益の上げ方にあります。この章ではかつて引越し比較サイトを運営していた方(https://hikkoshi-rakunavi.com/wp/?p=4862)による経験談を参考に、見積もりサイトの収益の上げ方について詳しく確認していきます。

仕組み1.個人情報の転送手数料

実際に運営をしていた方によると引越し一括見積もりサイトにおける最も基本的な収益方法は、引越しを希望している人の個人情報を各引越し業者へ転送すること。業者からは一件あたりにつき定額の転送手数料が支払われます。

一つの個人情報あたり約300円~500円の価値があるといわれています。20社に情報を提供すれば6,000円~10,000円の収益が発生する計算ですね。

個人情報を提供するほど収益が発生する仕組みであることが、個人情報が広まっていく原因になっていると考えられます。ただし大手の引越し業者の多くは成果報酬という形で採用していることも多いそうです。

ちなみに深夜にかかってくる営業電話は大手が直接かけているわけではなく、外注したコールセンターによるもの。中にはインドにある会社に依頼しているところもあると元運営者は語っています。

仕組み2.引越し以外のサービス手数料

見積もり後にウォーターサーバーやインターネットの営業連絡が繰り返されることがあると先ほどご説明させていただきました。このような引越し関連のサービスについても個人情報が転送されていて、契約に至ればマージンが入るという仕組みになっているようです。かつてはインターネットのサービスに関する情報提供料が、引越しに関する情報提供料よりも高額だったともいわれています。

とはいえ基本的には自分から希望しない限り、サービスの勧誘を受けることがないはずです。にもかかわらず見積もり依頼後に引越し以外のサービスを案内されてしまうのは、登録の際にデフォルトで案内の希望を申し込んでしまっていることが原因かもしれません。

また「引越し代金のキャッシュバック」という謳い文句にも注意が必要です。物は言いようで、実はキャッシュバックが実際にされるわけではなく、ウォーターサーバーを同時に契約した場合にそのレンタル代が同額分安くなるという仕組みになっていることがあるのです。

したがって、引越しで一括見積もりサイトを利用するときは、関係のないサービスまで申し込んでしまわないように、契約前に条件を見落とさないように警戒することが大切です。

仕組み3.アフターフォローの手数料

一般的な引越しでは、見積もり後にアフターフォローを受けられることがあります。しかし、それが実はインターネットやウォーターサーバーなど関連サービスの営業が目的である場合も多く見受けられます。

中には1年以上も前に見積もりサイトを利用した方にもアフターフォローを称した営業電話がかかってくることがあるようです。見積もりのアフターフォローとして期間が空きすぎているといえるでしょう。

元運営者によると、外部の業者が成果報酬型でアフターフォローリストを購入しているとのこと。ただアフターフォローの電話がたくさん来てしまえば不自然といえます。そのため、最近では単価の高い業者1社だけに限定して販売することも多いそうです。

このように、引越し一括見積もりサイトには個人情報に関わる収益の仕組みがさまざまあるのです。もちろん広告による収益もありますが、そちらは個人情報の流出とは関係が薄いので省略させていただきました。

そもそもサイトの運営が情報の転送によって成り立っていることが多いですので、引越し一括見積もりサイトを利用するときは個人情報が利用されるものだと思っていた方がいいのかもしれません。

引越し一括見積もりの迷惑電話対策

すでに引越し一括見積もりサイトを利用して、さまざまな業者から電話がかかってきている方もいるかもしれません。

電話を無視すればよいとの考え方もありますが、時間や場合を選ばず電話が鳴り続けているのをじっと我慢するのは相当ストレスだと思います。この章ではしつこい電話に悩んでしまったときの対処法についてご説明させていただきます。

対処法1.外的な要因を交えた理由で見積もりを断る

引越し業者からかかってくる電話に一つひとつ対応して断るときにはコツがあります。

ほかの引越し業者に決まったと伝える方もいるかもしれませんが、さらに見積もりを安くできる可能性があれば再交渉の余地を与えてしまいます

おすすめの対処法が、引越しが中止になったと業者に伝えることです。引越しが中止になった人に対して無理に勧めてくる業者がいるとは考えづらいでしょう。

そのほか、会社が指定する業者で引越しをすることになったという断り方もあります。外的な要因を交えた断り方であれば、相手も引き下がりやすくなるはずです。

悪意のない業者であれば、継続して電話をかけてくることはありません。ひとつひとつの業者に対応すれば、いつの間にか電話の数も減っていくでしょう。

対処法2.引越し業者の電話番号を着信拒否として設定する

見積もりを断った引越し業者から何度も電話がかかってくる可能性もゼロではありません。その場合、電話番号を着信拒否に設定する方法があります。

携帯電話会社のサービスでは、迷惑電話の着信拒否設定があります。設定機能を利用して、引越し業者の電話番号を入力しましょう。

着信拒否が相手に知られるのではないかと、不安に感じる方もいるかもしれません。一般的なスマートフォンでは、着信拒否をしても発信者には通知されない仕組みです。

電話をかけた相手の携帯では、呼び出し音が流れずに通話が終わり留守番電話サービスに接続されます。

登録外着信拒否という機能を利用する方法もあります。登録外着信拒否とは、電話帳に登録されている電話番号以外からの着信を拒否する機能です。

ただし、引越し業者以外からの電話まで着信拒否されてしまう点には注意が必要です。着信履歴が残る機能もありますが、重要な電話を見落としてしまうリスクもあるでしょう。トラブルが生じる可能性について理解したうえで設定しなければなりません。

対処法3.本社への警告や専門機関への相談

何度も見積もりを断ってもまだしつこく電話をかけてくるのであれば、本社への警告を検討しましょう

電話を切らずに引越し会社の名前と電話をかけてきた相手の名前を確認し、本社に電話で迷惑を被っているという事実を伝えましょう。問い合わせの事実を記録として残したいのであれば、メールでクレームを伝える必要もあります。

ただ最近ではカスタマーハラスメントという言葉が知られているように、クレームによって従業員に負担をかけてしまう事例も少なくありません。カスタマーセンターの相手が直接しつこい営業電話をかけてきているわけではないですので、あくまでも冷静かつ穏やかな態度で、相手に配慮しながら自分の気持ちを伝える姿勢が大切です。

誠実にクレームを伝えても電話がかかってくるようであれば、各地域の消費生活センターに相談する方法も検討しましょう

消費生活センターでは、商品やサービスに関する消費生活全般の問い合わせや苦情について公正に処理しています。引越し一括見積もりを巡るトラブルでも助言をもらえるでしょう。

見積もりを引越し業者ごとに依頼すべき理由

引越し一括見積もりサービスは一度に複数の引越し業者に見積もりを依頼できるというメリットがありました。

しかし、デメリットをふまえると見積もりを引越し業者ごとに依頼するのがおすすめです。この章では最後に引越し業者ごとに見積もりを依頼すべき理由を詳しく解説していきましょう。

理由1.余計な電話やメールの勧誘がこない

まず引越し業者ごとに見積もりを依頼すれば、複数の引越し業者に個人情報を知られてしまう可能性は低くなります。したがって引越し一括見積もりサイトを利用したときのように、複数の業者から一斉に電話やメールによる勧誘を受ける事態には陥らないでしょう。

ただ引越し業者ごとに見積もりを行ってもらうと、見積もり料金がたくさん発生してしまうのでは?と不安に思う方もいるかもしれません。

しかし安心してください。引越し業者は基本的に見積もり無料で対応しています。訪問見積もりだと料金が発生しそうに感じるかもしれませんが、訪問見積もりについても原則として無料で対応してもらえます。

ただ離島や山間部などで近くに引越し業者の事業所がない地域に住んでいる場合、例外的に訪問見積もりが有料になってしまう場合がありますので注意が必要です。そういった場合は、事前に見積もり希望者にお金がかかる旨が通知されます。よほど悪質な引越し業者でない限り、見積もり後に費用を請求されることはないでしょう。

一括見積もりサイトの利用に対して、個人情報の転用や不要な勧誘に不安を感じる方は、ぜひ個別見積もりを検討してみてください。

理由2.希望条件の伝達漏れを防ぎやすい

引越し料金は条件によって変化します。たとえば荷物の量によって必要なトラックの大きさや作業時間、作業員の人数が変わりますので、それに応じて料金も変動していきます。

もし見積もり時に伝え忘れがあると、思いがけず追加料金が発生したり荷物を運んでもらえなかったりする状況になりかねません。したがって引越しの見積もりをするときには、正確に引越しの内容を伝えることが重要です。

その点でも引越し一括見積もりサイトの利用はおすすめしづらいです。一括見積もりサイトではさまざまな業者から連絡が届きます。見積もりの概算を提示されたり、訪問見積もりの日程の返信を求められたりするなど、各業者が必要とする情報はさまざまです。

聞かれる質問が異なることに混乱してしまい、正確に引越し内容を伝えるのが難しいと感じる方もいるかもしれません。使い慣れていないメールの返信で、情報を伝え損ねてしまう可能性も考えられます。

気になる引越し業者に目星をつけて個別に見積もりを依頼すれば、複数の業者からの連絡に惑わされなくなります。落ち着いて引越し内容を伝えられるので、情報の伝達漏れも減らしやすくなるでしょう。

理由3.自分に一番あったプランを提示してもらえる

単身で引っ越す場合や家族で引っ越す場合など、引越しにはさまざまなケースがあります。荷物が少ないパターンや遠距離の移動が必要になるパターンなどもあり、引越しのプランを選び間違えると、無駄なコストがかかってしまうこともあり得るでしょう。

引越し一括見積もりサイトは、あくまで個人情報をもとに引越し業者が見積もりを提案したり、訪問見積もりのスケジュールを調整したりする仕組みです。なので連絡してくる引越し業者が自分の希望している引越しプランに対応していない可能性もあります

しかし相手も仕事が欲しいですから、なんなりと言いくるめてその会社で用意しているプランを利用してもらおうと考えます。そうなると押しに弱い方は断りきれない可能性が高くなってしまいます。カップルでのお引越しなのにファミリープランをあてがわれてしまったらどう考えても損ですよね

それを避けるためには引越し業者ごとのホームページをしっかりと確認して、提供されている引越しプランを把握したうえで自分から見積もりを依頼するべきです。自分が希望する条件で引越しがしやすくなりますし、無理に既存のプランに当てはめられそうになる恐れもありません。

自分に一番適したプランを選びたいのであれば、まずは引越し業者のプランをチェックすることから始めてみるとよいでしょう。

まとめ

今回は引越し一括見積もりサイトの評判やデメリットなどを中心に解説させていただきました。TwitterなどのSNSで一括見積もりサイトを利用した方の口コミを確認すると、迷惑電話や迷惑メールに困っているという評判が多く見受けられます。またその他のデメリットとしては最終的に訪問見積もりが必要になったり、対応できない業者にも見積もりの依頼がされてしまったり、引越しと関連するサービスからの勧誘を受けたりする可能性があります。

しつこい迷惑電話や迷惑メールが来るようになる原因は見積もりサイトの収益の上げ方に問題があり、運営経験者によると個人情報が転送されているとのことでした。利用を検討する立場としては、見過ごせない情報だったのではないでしょうか。

少しでも一括サイトの利用に不安を感じたのであれば、引越し業者ごとに見積もりを依頼することがおすすめです

引越し業者ごとに見積もりを個人情報が必要以上に広まらないため、迷惑電話や迷惑メールなどを回避しやすくなります。最近では、さまざまな方法で見積もりを依頼できる引越し業者が現れており、見積もり依頼の負担が減ってきています。

引越しの見積もりを依頼するならカルガモ引越センター

見積もりの負担を減らしたいのであれば、さまざまな方法で見積もりの依頼に対応しているカルガモ引越センターがおすすめです。

お電話はもちろんのこと、LINEでもお見積もりいただくことが可能です。

見積もりフォームからお問い合わせした場合、通常24時間以内に電話やメールで返信してもらえる仕組みです。SSLにより暗号化されているので、個人情報が第三者に漏えいする心配はありません

さらにコロナ感染対策としてZOOMによる訪問見積もりも実施しており、自宅で簡単に見積もりしてもらうことも可能です。 個人情報の漏えいを気にせず、自分に適した方法で引越しの見積もりを依頼したいときは、ぜひカルガモ引越センターの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

お見積もり・お問い合わせは無料です!